システム延命対応

システムの延命

業務システムが稼働しているサーバの老朽化、保守サポート切れなどでリプレースを考えてはいるが、なかなかリプレースに踏み切れない...。
そんな悩みはございませんか。

『仮想化技術』を利用することにより、既存システムをそのまま新しいサーバ上に構築することができます。

サーバ仮想化とは

サーバ仮想化とは、1台の物理サーバを「仮想サーバ」と呼ばれる複数のサーバに分割し、あたかも独立したサーバのように使用することができます。

仮想サーバには、それぞれ別のOSやアプリケーションソフトを動作させることができます。

「Windows NT Server」や「Windows 2000 Server 」などのレガシーOSから、「Windows Server 2008」までの幅広いOSの仮想サーバを複数稼働させることができます。

「仮想サーバ」は同じ物理サーバ上で動いていても、お互いに影響を及ぼしませんので単一のサーバとして使うことができます。

サーバ仮想化

ページの先頭に戻る