FARO社の3Dレーザースキャナーとは?種類とその魅力やポイントを解説

【ヤマイチテクノ】大阪・東京・名古屋

  • 3D

2022/07/04

FARO社の3Dレーザースキャナーとは?種類とその魅力やポイントを解説

FARO社の3Dレーザースキャナー「Focus Laser Scanner」は、小型から大型まで幅広い対象物を正確にスキャンする3Dスキャナーです。
また、もう1つの3Dスキャナー「Quantum Max FaroArm」は、厳しい温度環境かでも正確なスキャンができます。
ここでは、FARO社の3Dレーザースキャナーの種類とその魅力、ポイントなどについて詳しく解説します。

FARO社とは

FARO社は、3Dスキャンおよびイメージング、リアル化ソリューションにおける先駆けとして、デジタルと現実を繋ぐための先進的な機器を数多く開発してきました。
製造業におけるコスト削減、エラーの排除、警察組織における証拠の採取など、さまざまな分野において活用できる機器を開発・提供しています。

Focus Laser Scanner

Focus Laser Scannerは、寸法計測や3Dモデル化、土量計測、干渉チェック、CAD図面化、CAD図の埋め込み・比較など、さまざまな用途で使用できる3Dスキャナーです。
手作業での測定には数日から数週間かかりますが、Focus Laser Scannerであればわずか数分で3Dデータを取得できます。
さらに、雨や埃、暑さ・寒さといった環境にも対応可能です。

導入のメリット・特徴について詳しく見ていきましょう。

高精度かつスピーディー

Focus Laser Scannerは、カメラに映る全ての対象物を高速かつ正確にスキャンできるため、業務効率化に繋がります。
また、現場で3Dデータを事前に確認できるため、不備があった場合はその場で再スキャンが可能です。
後から現場に戻って再スキャンする必要がありません。

プロジェクト管理も可能

FAROソフトウェアソリューションとWebShareを利用することで、3Dデータをチームで簡単に共有できます。
プロジェクトの進捗を速やかに確認できるため、進捗管理や目標の共有に役立ちます。

意思決定が早くなる

3Dデータを速やかにチームに共有できれば、意思決定が早くなります。

ニーズに合わせてカスタマイズできる

拡張性があり、状況に応じてカスタマイズすることで、さまざまな環境に対応できます。
内臓アクセサリベイを使えば、インジケーターや新型センサーの追加も可能です。
また、FARO Swiftを利用すれば、室内プロジェクトで使用できる超高速モバイルスキャンシステムに変貌します。

Quantum Max FaroArm

Quantum Max FaroArmは、寸法計測や形状解析、3DCAD図面化、製品形状の3Dモデル化などに使用できるポータブル3Dスキャナーです。
小型から中型の対象物を優れた精度でスキャンします。
航空宇宙メーカーや自動車メーカーなどの大手企業が厳しい環境下で高精度のスキャンを行うために同機種を採用しています。

また、FARO Quantum ScanArmの非接触機能を利用すれば、接触プローブを使えないケースにも対応可能です。
Quantum Max FaroArmの特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。

3つのモデルから選べる

FARO Quantum ScanArmには、ベーシック、スタンダード、プレミアムの3モデルがあります。
2.0m~4.0mまで、幅広い測定範囲に対応しており、対象物の性質やスキャンの環境に応じて選択できます。

さまざまな環境に対応できる

過酷な環境でも高精度でスキャンできる機能性と堅牢性を持ちます。
野外はもちろん、粉塵が飛び交う環境でも測定可能です。

FARO社の3Dレーザースキャナーについてよくある質問

FARO社の3Dレーザースキャナーの導入を検討する際は、次のような疑問が思い浮かぶのではないでしょうか。よくある質問に回答します。

Q.導入に専門知識は必要?

FARO社の3Dレーザースキャナーは、専門的な知識や技術、資格は必要ありません。
機器を設定し、スキャンボタンを押すだけで3Dデータを取得できます。
ただし、3DデータからCGやCAD図などを作成するには、専用のソフトウェアの使用が必要です。
その際に知識が必要な点に注意しましょう。

Q.測定時間はどれぐらい?

標準の測定モードで1箇所10分前後が目安です。
複数箇所を撮影し、点群データをソフトウェアで合成することで、1つの完成された3Dデータとなります。

まとめ

FARO社の3Dレーザースキャナーは、さまざまな環境下で高精度の3Dスキャンができます。
また、広範囲の撮影やスピーディーな撮影など、高いポテンシャルを誇ります。
3Dスキャナーを選ぶ際は、目的や用途、予算などを踏まえて、ベストな機種を選ぶことが大切です。
3Dスキャナーの購入を検討される際は、ヤマイチテクノまでお気軽にご相談ください。

この記事の監修者

1989年入社以来、長年のCADシステムの営業経験を活かし現在3Dレーザースキャナーを中心に営業展開。東日本を担当する。

3Dレーザースキャナーの
販売・レンタル・計測業務受託

ハードウェア/ソフトウェアの販売から、機材のレンタル、計測業務受託まで
ヤマイチテクノは幅広い「3D技術」でお客様のご要望を叶えるお手伝いをいたします。