ヤマイチテクノ公式WEB

ヤマイチテクノ公式WEB

官庁ソリューション

GOVERNMENT OFFICE SOLUTION

CS-GV(電子納品検査
支援ソフトウェア)

SOFTWARE FOR GOVERMENT

CS-GVは業務・工事の電子成果品について、電子納品要領・基準などに基づいて作成されているか、細部にわたり検査できるソフトです。
国土交通省(一般土木・機械・電気・官庁営繕)、農林水産省の要領の他、県・地方公共団体独自要領の検査に対応しています。
CS-GVは、電子納品成果品の「検査」・「閲覧」・「検索」を支援します。受注者から納品される電子納品成果品をCS-GVで処理することで、成果品データが閲覧・検索可能なデータベース化を行います。また、電子納品成果品だけではなく、関連する非成果品データも成果品と同様に扱えます。

主な機能
FUNCTION

電子納品データ検査機能

電子納品データを読込み、XMLファイルの規約(XML構文、入力項目)、および納品ファイルの規約(ファイル名称、存在)、PDFファイル、CADファイル、ファイル日付について検査を行います。

電子納品データ閲覧機能

電子納品データのXML構造を解析して、日本語階層化、ファイル名の日本語併記を行います。また、データファイルの文字情報(テキスト)から索引を自動生成します。電子納品データ(XMLファイル、納品ファイル)の閲覧、および印刷・E-mail送信が可能です。

電子納品データ検索機能

電子納品データ(XMLファイル、一部の納品ファイル)に対して、キーワードによる全文テキスト検索が可能です。

受注者への修正指示機能

検査結果は検査結果レポートとして表示/印刷が可能です。
閲覧・検索機能で検査した成果品データに問題がある場合、該当データにコメントを付加し、出力または印刷することで、受注者への修正指示を行うことができます。図へ朱書きすることもできます。

その他サポートツール機能

位置情報チェックツール、写真ビューア、CADチェックツール他、便利な機能を備えています。

検査項目
INSPECTION

検査項目 検査内容
XMLファイルの
入力項目検査
必須入力検査 必須入力を検査します
文字数検査 文字数を検査します
使用文字検査 使用文字コードを検査します
納品ファイル名の
命名規則検査
文字数検査 文字数を検査します
使用文字検査 使用文字コードを検査します
拡張子検査 拡張子が、フォルダ毎の指示通りか検査します
連番検査 ファイル名に連番を持つものに対して、正しく連番が設定されているか検査します
XMLファイルの
検査
XMLファイルの存在検査 XMLファイルが存在するか検査します
XMLファイルの内容検査 DTDの通りに、タグおよびデータが指定されているか検査します
納品ファイルの存在検査 XMLファイルの指示通りに、納品ファイルが存在しているか検査します
PDFチェック フォント、しおり、セキュリティ、ページレイアウト、サムネイル(縮小表示)、初期表示状況を検査します
CADチェック レイヤ名、線種、線色、線幅、図面サイズ、余白サイズ、文字サイズ、禁則文字、測量図面のレイヤ名等を検査します
日付チェック 「実ファイルの更新日時とINDEXの工期範囲情報」や「JPGファイルのEXIF情報とファイル更新日時」に不整合がないか検査します

対応基準・要領
STANDARD

国土交通省
土木設計業務の電子納品要領(案) 平成12年3月版 平成13年8月版 平成16年6月版 平成20年5月版 平成28年3月版
平成31年3月版 令和2年3月版      
工事完成図書の電子納品要領(案) 平成12年3月版 平成13年8月版 平成16年6月版 平成20年5月版 平成22年9月版
平成28年3月版 平成31年3月版 令和2年3月版    
デジタル写真管理情報基準(案) 平成11年8月版 平成14年7月版 平成16年6月版 平成18年1月版 平成20年5月版
平成22年9月版 平成28年3月版 令和2年3月版    
CAD製図基準(案) 平成12年3月版 平成13年8月版 平成14年7月版 平成15年7月版 平成16年6月版
平成20年5月版 平成28年3月版 平成29年3月版    
地質・土質調査成果電子納品要領(案)
※旧 地質調査資料整理要領(案)
平成13年3月版 平成13年8月版 平成14年7月版 平成15年7月版 平成16年6月版
平成20年12月版 平成28年10月版      
測量成果電子納品要領(案) 平成14年7月版 平成15年3月版 平成16年6月版 平成18年9月
ガイドライン
平成20年12月版
平成28年3月版 平成30年3月版      
土木設計業務・電気通信設備編 平成15年7月版 平成16年6月版 平成22年9月版 平成28年3月版 平成31年3月版
工事完成図書・電気通信設備編 平成15年7月版 平成16年6月版 平成22年9月版 平成28年3月版 平成31年3月版
CAD製図・電気通信設備編 平成15年7月版 平成16年6月版 平成22年9月版 平成28年3月版 平成29年3月版
土木設計業務・機械設備工事編 平成16年3月版 平成18年3月版 平成24年12月版 平成28年3月版 平成31年3月版
工事完成図書・機械設備工事編 平成16年3月版 平成18年3月版 平成24年12月版 平成28年3月版 平成31年3月版
CAD製図・機械設備工事編 平成16年3月版 平成18年3月版 平成24年12月版 平成28年3月版 平成29年3月版
港湾局・CAD図面作成要領(案) 平成15年3月版 平成16年3月版 平成17年3月版 平成20年7月
ガイドライン
 
農林水産省
設計業務等の電子納品要領(案) 平成14年4月版 平成15年4月版 平成17年4月版 平成23年3月版 平成31年3月版
工事完成図書の電子納品要領(案) 平成14年4月版 平成15年4月版 平成17年4月版 平成23年3月版 平成31年3月版
電子化写真データの作成要領(案) 平成14年4月版 平成14年11月版 平成15年4月版 平成17年4月版 平成18年4月版
平成23年3月版 平成31年3月版      
電子化図面データの作成要領(案) 平成14年4月版 平成14年11月版 平成15年4月版 平成16年4月版 平成17年4月版
平成23年3月版 平成31年3月版      
地質調査資料整理要領(案) 平成13年8月版 平成15年4月版 平成16年4月版 平成17年4月版 平成24年3月版
平成31年3月版        
測量成果品電子納品要領(案) 平成15年9月版 平成17年4月版 平成19年10月
ガイドライン
平成24年3月版 平成31年4月版
設計業務・電気通信設備編 平成16年4月版 平成17年4月版 平成25年3月版 平成31年3月版  
工事完成図書・電気通信設備編 平成16年4月版 平成17年4月版 平成31年3月版    
電子化図面データ・電気通信設備編 平成16年4月版 平成17年4月版 平成25年3月版 平成31年3月版  
設計業務・機械設備工事編 平成17年4月版 平成19年4月版 平成26年3月版 平成31年3月版  
工事完成図書・機械設備工事編 平成17年4月版 平成19年4月版 平成31年3月版    
電子化図面データ・機械設備工事編 平成17年4月版 平成19年4月版 平成26年3月版 平成31年3月版  
官庁営繕
建築設計業務等の電子納品要領(案) 平成14年11月版 平成24年4月版 平成30年4月版 令和元年版  
営繕工事電子納品要領(案) 平成14年11月版 平成24年4月版 平成30年4月版 令和元年版  
建築CAD図面電子納品要領(案) 平成14年11月版        
i-Construction、CIM、BIM
調査・測量・設計 LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準の運用ガイドライン(案) 平成29年3月版 平成30年3月版 平成31年3月版
施工 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案) 平成29年3月版 平成30年8月版  
地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) 平成30年3月版    
地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案) 平成29年3月版 平成30年8月版 平成31年4月版
TSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
TS等光波方式を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
平成29年3月版 平成30年8月版  
TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理要領(土工編)(案) 平成29年3月版 平成30年8月版  
TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案) 平成30年8月版    
RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案) 平成29年3月版 平成30年3月版  
無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) 平成29年3月版 平成30年8月版  
レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)
地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
平成28年3月版 平成30年8月版 平成31年4月版
地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案) 平成30年8月版 平成31年4月版  
音響測深機器を用いた出来形管理要領(河川浚渫工事編)(案) 平成30年8月版    
施工履歴データを用いた出来形管理要領(河川浚渫工事編)(案) 平成30年8月版    
CIM事業 CIM事業における成果品作成の手引き(案) 平成29年3月版 平成30年3月版  
BIM事業 BIM適用事業における成果品作成の手引き(案) 平成30年4月版    

関連製品
RELATED PRODUCTS

電子納品チェックソフト

発注者による電子納品検査や、受注者による納品前のチェックにご利用いただける、検査専用ソフトです。農林水産省農政局が公開する電子納品チェックシステムに採用されている他、各地方自治体の公開チェックソフトとして利用していただいており、そのチェック品質と操作性が高く評価されています。
導入ユーザー様:農林水産省、山形県、群馬県、山梨県、岐阜県、岡山県、愛媛県、熊本県、熊本市、沖縄県

CS-GV Create

CALS/ECのライフサイクルを意識し、工事発注段階において発注者が契約後の受注者に提供するために、各種基準 【電子納品要領(案)、ガイドライン、手引き等】 に基づいた形式で作成しなければならない各種データ【工事管理情報(INDEX_C.XML)、図面管理情報(DRAWINGS.XML)、図面データ(P21)、特記仕様書等】 を簡単に作成支援できるツールです。作成されたデータは、CS-GVの検査機能を活用することで管理情報(XML)の構文チェック、図面データ(P21、SFC)の適合チェックまでもサポートできるので、受注者に提供する前の発注者提供資料から未然にエラーを防ぐことができ、公共工事における品質確保の促進に寄与することができます。

導入実績
ACHIEVEMENT

国土交通省
北海道開発局内部署
東北地方整備局内事務所
中部地方整備局内事務所
関東地方整備局内事務所
近畿地方整備局内事務所
中国地方整備局内事務所
四国地方整備局内事務所
九州地方整備局内事務所
国土技術政策総合研究所
内閣府
沖縄総合事務局内事務所
農林水産省
全地方農政局 全事業所
林野庁近畿中国森林管理局
独立行政法人
水資源機構 全事務所
森林総合研究所森林農地整備センター
公益法人
財)秋田県建設・工業技術センター
社)宮城県建設技術センター
財)福島県建設技術センター
財)千葉県建設技術センター
財)岐阜県建設研究センター
財)滋賀県建設技術センター
財)三重県建設技術センター
財)阪神高速道路管理技術センター
財)岡山県建設技術センター
岡山県土地改良事業団体連合会
財)山口県建設技術センター
社)九州建設弘済会
社)九州地方計画協会
財)沖縄県建設技術センター
山形県 福島県 栃木県 群馬県 山梨県 岡山県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県
※以上、県固有カスタマイズ版
宮城県 茨城県 千葉県 静岡県 岐阜県 滋賀県 奈良県 三重県 島根県
※以上、各省庁版
市町村
宇都宮市(栃木県) 鹿沼市(栃木県) さくら市(栃木県) 矢板市(栃木県) 足利市(栃木県) 静岡市(静岡県) 福井市(福井県) 敦賀市(福井県) 大津市(滋賀県) 甲賀市(滋賀県) 新見市(岡山県) 宗像市(福岡県) 熊本市(熊本県) 那覇市(沖縄県)

動作環境
SYSTEM REQUIREMENTS

動作環境
OS Microsoft Windows 8.1、Microsoft Windows 10
CPU 各OS推奨のCPU以上
メモリ 1GB以上(推奨:各OS推奨のメモリサイズ以上)
HDD システム用として800MB 以上の空き容量(納品ファイルをコピーする場合は、納品ファイルの総容量に相当する以上の容量が必要)
ドライブ DVD-ROMドライブ(インストール時に必要)
ソフトウェア InternetExplorer11、.NET Framework 4.5.2以上の4.x (入っていなければ、本ソフトインストーラにて4.6.2をインストール)
Adobe Reader もしくは Acrobat DC、2017、2020
その他 CPU版の場合、ライセンス認証のためインターネット接続が必要

※上記スペックは参考値です。処理するデータ容量等により、より高性能なコンピュータを必要とします。また、各種CS-CVにより上記条件以外の動作環境を必要とする場合があります。

ライセンス形態
LICENSE

CS-GVは、お客様のご要望・運用状況によりさまざまなライセンス形態をご用意しております。

  • CPUライセンス(PCへのインストールによるライセンス管理 / Web認証方式)
  • USBライセンス(使用時にUSBキーにより動作制御を行うライセンス管理)
  • サーバーライセンス(ライセンスサーバーにより、動作制御を行うライセンス管理)