据置型レーザースキャナー

FARO社のFocusシリーズの販売、レンタル、計測、データ加工のサービスを行っております。お客様の業務に合わせて、スキャナだけでなく、点群処理ソフトやCAD、PC環境のご提案をいたします。 

3Dスキャナとは

測定対象にレーザーを照射し、その反射状況から物体の写像を高精度3次元データとして計測する技術です。対象物にレーザーを照射して、距離と角度情報を取得し、3次元座標(XYZ)を取得します。1秒間に数千~数十万発のレーザーを発射するので、取得されたデータは点の集まりという意味で「点群データ」と呼ばれます。

FARO 3Dレーザースキャナ

FARO Focus Sシリーズ(S350/S150/S70)は、軽量コンパクト・直感的な操作が行える3Dレーザースキャナーです。IP54規格に準拠し防塵・防水性能とHDRカメラを標準装備しました。

FARO FocusSスキャナーは、過酷なスキャン条件で発生の可能性がある粉塵、飛沫、またその他の外部環境からの侵入を防ぐ設計となっています。動作温度範囲の拡大により、過酷な現場環境でもスキャニングが行えます。
FARO FocusSスキャナーで取得した点群データは、FARO SCENEやAutodesk Recapといった他社ソフトウェアなど、様々なソフトウェアパッケージで使用できます。 

特徴

● 小型・軽量なカラーレーザースキャナー

● タッチスクリーンによる簡単操作

●  単独で動作可能

●  複数地点でもマーカレスで計測可能

スペック

システム仕様  
測定範囲 0.6m~最大350mまで※150は最大150m、70は最大70mまで
測定速度 最大976,000 ポイント/秒
範囲誤差 最大±1mm
内蔵カラーカメラ 最大解像度165メガピクセル HDR標準装備
レーザー レーザークラス1
サイズ 230 x 183 x 103mm
重量 4.2Kg
マルチセンサ GPS、コンパス、ハイトセンサ、2軸補正センサ
スキャナーコントロール タッチスクリーン・ディスプレイ、Wi-Fi

3Dスキャナーの活用事例

建築や土木の現場はもちろん、工場・プラントなど屋内外を問わず使用できます。図面のない構造物の図化や点検業務の打合せなど、様々な場面で有効に活用されています。

デジタル採寸

立ち入りにくい高所・狭所や一度に測りにくい大きな設備を手軽に採寸できます。

 

 

図面作成

図面のない構造物の図化が効率的に行えます。

 

 

 

3Dモデルの作成

点群データから3Dモデルが作成できます。

ソフトウェアを介して点群データから平面・円柱を抽出することも可能です。

 

 

3Dレイアウト検討

工場内の機械や設備のレイアウト検討や干渉チェックを効率良く行えます。

 

 

 

土量計算

正確な体積計算が効率的に行えます。

 

 

 

比較解析

点群データと3Dモデルを比較解析することができます。

 

 

 

ご提供メニュー

機器販売

FARO社/Artec社の3Dスキャナーの販売を行っています。

点群データの加工ソフトを含めたトータルソリューションをご提供致します。

レンタル

FARO 3Dレーザースキャナーのレンタルサービスを行っています。

ご購入前のご利用などに便利なサービスです。

受託作業

「計測の作業などは任せたい」という方のために、『作業サポートサービス』をご用意しています。

計測のご依頼は、全国どこでも対応いたします。

またデータ加工のみでも対応いたします。

※レンタル及び受託作業の対応機種は、Focus S 350 または Focus3D X330 です。

3Dに関するお問合せ