レンタルサービス

建設現場向け防犯システム

ネットワークカメラ&ブロードバンド回線を基軸とした新防犯システムのご提案。
監視・録画の為に設置したネットワークカメラが、防犯の最新兵器となります。また、過酷な現場で鍛えられ、全ての無駄をそぎ落とした信頼性の高いシステムです。

V-Mach Security(ブイ・マッハ・セキュリティ)

近年、機械警備の緊急対応員が現場到着までに犯行を終わらせる犯罪が多発しています。
V-MACHは現場事務所で続発する侵入盗対策の新たな防犯システムです。
異状発生時にはブロードバンド回線にて、お客様担当者及び「24時間遠隔監視センター」へ緊急通報を行い、「遠隔監視センター 」では画像巡回による覚知異状をお客様へ通報するとともに、関係者確認・威嚇警告行動を開始、被害の拡大防止・発生異状の画像を添付した報告書を速やかに送信いたします。
機械警備の場合、異状信号受信に30秒~2分掛かりますが、V-Mach Securityは 数秒で現場確認を開始し警察通報も迅速に行えます。

不審者の侵入はセンサーによって検知され、監視センターは画像巡回を開始します。
警報ベルの鳴動もしくは肉声による退去命令と共に関係機関への通報を迅速に行います。

お問い合わせはお問い合わせページからお願いします。

 

ネットワークモニタリングシステム

建設現場の遠隔安全パトロールシステム構築から総合危機管理システムまで・・・
ヤマイチテクノは、「IT」による建設現場の「安全」をご提案します。

ネットワークカメラシステムを各所に設置することで、安全パトロール・会議資料・施主様への公開・防犯などを目的とする複数の関係者が、専用のソフト・端末を必要とせずに現場の危機管理を行うことが可能となります。また、カメラ画像のセキュリティ・運用規定・監視制限等は、個人情報保護法を含む各種法令に基づき運用を行っております。

外出先からのモニタリング携帯電話からのモニタリング

モニタリング

モニタリング

 

モニタリングシステム事例

事例1 「関係車輌の退場時に道路を汚している」と近隣から苦情があり、退場時の洗浄が適切に行われているか?を確認。
事例2 現場事務所から道路を隔てた死角位置に現場があった為、PCから現場の状況をご確認。
事例3 社内会議等での進捗報告に、現場のライヴ画像を投影し、資料としてご活用。
事例4 安全管理部門からの日常の安全パトロールにご活用。
事例5 頻発する現場内工具類の盗難に対し、現場の進捗・保安管理に問題を抱えておられた為、無線式センサーを活用した遠隔画像監視・定期巡回を行い、広域屋外施設の警戒を実現し、事案の発生を抑えることが可能となった。
事例6 コンクリ型枠設置時に台風の発生があり、被害状況・対応要否の把握の為、各ご担当者様がご自宅からモニタリング。

お問い合わせはお問い合わせページからお願いします。

 

 

ページの先頭に戻る